city "town"

いろいろやってるとブログを書く時間はいつも日付が変わってからが多い

 

 

今日のネタは

 

市 city

町 town

 

 

今年はEFR PRODUCTIONというものをやり始めた

長年やり続けてきているこのプロジェクト"MOV"の為、何か枠がほしかったのと

嫌気のさしまくった毎日から解放されたいのと、飛び出したい思いから相方の椙ちゃんと始めた

 

3月11日誰もが考えもしなかった事が実際におきた

 

M9 東日本大震災

 

大津波による壊滅的な打撃 直線距離で約350㎞

 

海抜0mの地域は全て被災

 

仙台平野は高さ6m内陸6kmまでも入り込んだ

 

リアス式海岸三陸地域は地形によって高さが増し、最も高い所で17m

 

 

福島第一原発のメルトダウン

 

避難した人達

 

家にもう帰れない人達

 

 

震災の事や被災地の事考えてどーすんの?って思う人も多いかもしれないし事実興味ない人は非常に多い

 

遠く離れた人達の事を思いやって出向き、活動した人もいれば、移り住んだ人もいる

自分の場合は行って見たもの感じた事が強すぎた

 

8月に行ってから4ヶ月

初めて電話した

 

話を聞いている限りでは、復興計画の裏側には市民全ての声を聞いてはいないだろう

浸水し、沈下した地域の土地のかさ上げ

どうやら5mも上げるらしい

途方もない面積を..

 

事実おじゃましてきたお宅は、手直しし続けているらしいけど、周りにあった家々は全て取り壊されたと聞いた

市の復興計画で新築できないらしい

残った家には住み続けられると...

 

難しい問題が現地にはまだ山積みのようだ

復興とよべるにはまだほど遠いと...

 

市のやる事には賛成出来ることもあれば反対も多すぎる

スケーターを追いだすことも

住民と役所の人間のくい違いかな?

いつでもそう

 

けど、津波によって破壊されたスポットで撮影しまくってる地元のスケーター達もいる

いつでもスケーターは元気、立ち直りも早いのか〜

 

 

生きてるとみんな色々な事にぶちあたる

山あり谷に転落したり

 

MOVの製作に取りかかる様になってから早3年経って、その間にいろんなトラブルもおこった

 

 

DVD1枚に4.7GBのデータが入る

書き込むのはDVD STUDIO PROだけど

 

 

同じような事を毎年書いてる気がする

まあいいや

 

今年もあとちょっと

 

さー来年は完成させっかな!

予定は未定でテキトー

気持ちだけ〜

まあだいたいビデオ1本にかかる期間は3年〜4年って普通でしょ

何もしてなかったら思い出しか残らん

カメラもってたら記録が残る

あとはVX1000が最後までもってくれる事を祈るか!

MAC PROも導入したし

あとはデカイ画面でFINAL CUT PROで編集してくだけ

早くOS10.4こないかな〜

 

 

BY vxaki akinori miyajima

 

カテゴリ

EFR Blog
EFR Blog