ゴールは近い

ほっときすぎてスンマセン

 

いよいよラストです

 

撮影生活を始めてまるっと4年間

 

撮影はあと1回

 

ゴールはすぐそこ

 

幾度となく壁にぶち当たり

 

映像ゼロで帰って落ち込んだ時や、意見の食い違いや数えきれないほどの撮影回数

 

もう憶えてない事もたくさん

 

けどその映像が記憶を蘇らせる

 

前作NEVER+LANDでも同じ事を思ったし、今作も同じ事を思った

 

けど範囲の広さ、レベルの高さ、時代の流れ、時に大作なんぞ......

 

何度も思った

 

けど後は突っ走り切るのみ

 

31年生きてきてここまで悩み、様々な人との出会いによって受けた影響

 

学んだ事

 

普通に趣味もなく生きているだけでは味わう事のないリアルな感覚

 

やっててよかった

 

スケートボード

 

今年で15年目になるけど難しい

 

おれが撮ってきたスケーター達はすさまじく上手い

 

映像は記録、表現、作品でありその人の全て

 

撮る側のおれはそいつが好きだから撮る

 

かっこいいから撮る

 

原点はそこだ

カテゴリ

EFR Blog
EFR Blog